拒食症は心の病気

拒食症は心の病気

食事をしなくなる拒食症は、摂食障害の一つで、心の病気です。
こちらでは、拒食症についてご説明します。

 初期の拒食症は気づかれにくい

拒食症を発症するキッカケは人によって異なります。「やせたい」とはじめたダイエットやちょっとしたストレス・悩み、なかにはご本人が気づかないうちになっていることもあります。

拒食症は食事をしないでやせていく「制限型」と、食べたものを吐いてやせていく「排出型」があります。どちらにしても人が生きていく為に必要な栄養がとれず、食べることを苦痛に感じてしまうつらい病気です。

しかし、ご本人は拒食症の自覚がないことが多いです。また、やせているけれど活発に活動する方が多く、傍目からも健康的で元気そうに見える為、周囲の方々も気づかないことがあります。

 拒食症の悪化は危険

食事をしなくなる拒食症は生命活動に必要な栄養が不足するため、体に様々な症状があらわれます。

  • 体重が極端に減る
  • 女性の方は生理がこなくなる
  • 栄養不足で免疫力が低下し、体調を崩しやすくなる
  • 不整脈が起きやすくなる
  • 電解質異常でむくみやすくなるなど

悪化すると体が食べ物を受け付けなくなり、症状はさらに悪化していきます。

ご家族や身近な方でダイエットが行き過ぎている、一緒に食事をしなくなった、食後に吐いているようだなどの行動が目立つようなら、注意が必要です。

拒食症は食欲不振といった単純なことでなく、ご本人の考え方や生き方に関係したデリケートな問題ですから、カウンセリングを受けるように勧めてください。
ご本人の気が進まないようなら、ご家族だけでも相談にお越しください。

奈良市にある「奈良こころの相談室」では、カウンセリング経験豊富なカウンセラーがうつ状態や体の不調、摂食障害など、様々なこころの悩みをお伺いします。
カウンセリングでは現実的で建設的な見方や行動がとれるようになる為のアドバイスを行い、問題解決に導きます。まずはお気軽にお電話ください。


[contactform]