うつ病の種類

うつ病という言葉を聞くと、ほとんどの方がどのような状態なのかイメージできるかと思います。うつ病といっても種類は1つだけではないことはご存知ですか?医学的には気分障害といわれ、主に3つの種類に分けられます。代表的なうつ病の種類以外は、うつ病の状態や特徴に合わせて、簡単な名称がつけられています。

 代表的なうつ病の種類

代表的なうつ病の種類

■ 大うつ病

一般的にうつ病といわれるものは、「大うつ病」のことを指します。大うつ病は強いうつ状態が続くもので、現在このタイプのうつ病の方が増えています。

大うつ病の方は興味・喜びの喪失、焦り・思考制止、睡眠障害や体の痛み、極端に偏った考え方、死にたいという願望などが現れます。大うつ病とは気分障害が大きい、重いと思うかもしれませんが、「主たるタイプ」という意味があります。

■ 気分変調症

気分変調症は、抑うつ状態は軽いのですが、その状態が長く続くタイプです。若い方に多いと言われており、特に男性よりも女性に多く見られます。1日中気分がすぐれない状態が2年以上続くことが特徴です。また、気分変調症の方は、睡眠困難、食欲不振または過食、自分はダメな人間などの認知の歪み、集中・決断できないなどの傾向が現れます。マイナス思考は性格や考え方だけでなく、気分変調症が原因とも考えられています。

■ 双極性障害

双極性障害は、以前は「躁うつ病」と呼ばれており、異様に気分が高揚する躁状態と、長時間気分が落ち込む抑うつ状態の2つの極端な気分の波があるタイプです。躁状態やうつ状態が続く期間は数カ月~数年にわたり、どちらも現れない時期もあり、判断が難しくなっています。正しいケアを行えば、状態を軽くできます。

 その他にもいろいろあるうつ病の種類

その他にもいろいろあるうつ病の種類

■ 微笑みうつ病

心に抑うつ状態を抱えながら、周囲に心配をかけまいと、誰かといる時は微笑みを絶やさないうつ病のことです。微笑みうつ病は努力家で負けず嫌い、世間体を気にする方がなりやすい傾向にあります。

■ 退行期うつ病

退行期うつ病は「初老期うつ病」や「更年期うつ病」とも呼ばれ、60~65歳くらいの方がかかりやすい傾向にあります。抑うつ状態が体に不調となって現れやすく、本人が抑うつ状態を認めないケースもあります。

■ 仮面うつ病

仮面うつ病は心の不調は出にくく、頭痛やめまい、微熱など体に不調が出やすくなります。そのため、うつ病だとは気づかず、内科などを受診するケースが多くあります。

■ 季節性うつ病

ある決まった時にだけ抑うつ状態や睡眠・食欲に異常をきたすうつ病です。傾向としては大うつ病と似ており、その季節中は抑うつ状態に悩まされますが、季節が過ぎれば抑うつ状態が落ち着きます。

奈良こころの相談室は、1983年創設の長い歴史のある心理相談室です。職場関係家族関係などの人間関係のトラブルがきっかけでうつ状態になった方の心のケアを行っています。心理相談室にご相談いただければ、引きこもりなどお悩みを解決できます。心理相談室では経験豊富なカウンセラーが対応いたします。