人を尊敬すること

連絡ツールが急速に発達したことで人間関係が気薄になり、多くの方が家族関係職場関係、友人関係など何らかの悩みを抱えています。悩みを抱え込みすぎでうつ病まで悪化する方もいらっしゃいます。それは、人間関係を上手く進めていく術を知らないことが原因かもしれません。人間関係を上手く進めていくためには「尊敬する」ことが最も重要です。尊敬の本質や尊敬することの大切さに迫ってみましょう。

 「尊敬」という言葉の本質

「尊敬」という言葉の本質

尊敬という言葉を聞くと仰々しいものとイメージする方が多いかと思います。しかし、尊敬はそこまで仰々しいものではなく、「素直に相手を認めること」と捉えると分かりやすいのではないでしょうか。

「認める」とは幅広い意味合いを持っていますが、尊敬に含まれる「認める」とは、人の価値を求めることが尊敬に値します。親が子の価値を認める、生徒が教師の価値を認める、年下が年上を敬うなど、どれも尊敬であり、尊敬という言葉の本質といえます。

 人を尊敬することの大切さ

人を尊敬することの大切さ

■ 成長のきっかけをもらえる

自分だけの考えだけだと、どうしても情報や知識などが偏りがちになり、視野が狭くなってしまいます。他者は自分とは異なる人生経験を歩んでおり、自分にはない学びを持っています。人を尊敬することで、自然と相手の話に耳を傾けられ、自分の中に取り込めるようになります。情報や知識が増えますので、自分が成長できるきっかけをもらえます。

■ お互いがお互いを助けあえる

どちらかが心の中で相手を見下していたり、侮辱していたりすると良い関係は築けません。それどころか対立する原因を作ってしまいます。しかし、お互いがお互いを尊敬し合える関係になれれば、上手くいかないことがあった時に、お互いがお互いを助けあえるようになります。

■ コミュニケーションが円滑になる

相手に対して見下したような印象を抱いていると、無意識に態度に表れ、人間関係に悪影響を及ぼすようになります。しかし、お互いが1人の人間としてお互いを認め合い、尊敬や敬意を払えることができれば、コミュニケーションは円滑に進みます。もちろん育ってきた環境や考え方が異なりますので、相手を常に全肯定するわけではありません。違いを受け入れつつ、部分的に相手に尊敬や敬意を払うことを心がけることが大事なのです。

奈良こころの相談室では、人間関係やうつ状態などの悩み、子育て相談などをお聞きしております。カウンセラーは臨床心理士の資格を保有していますので、安心してご相談ください。30年で5000人の相談を受けている経験豊富なカウンセラーが在籍しています。カウンセラーの予約は、WEBで24時間受け付けております。